2008年5月アーカイブ

以前ブログに掲載しました、「ユニバーサル社会基本法」が動き出した模様です。

http://www.kemunpas.com/_kemunpas_weblog_sites/2008/03/post-5.html

(以前のブログ↑)

 

◆先日、国連の「障害者の権利条約発効」のニュースがありましたが、
今日政府がユニバーサル基本法の検討に着手!というニュースが
ありました。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20080524-OYT8T00464.htm

 

ちょっと穿った見方ですが、これって、まさか、
国連の女子差別撤廃条約→男女共同参画社会基本法のように、
このユニバーサル基本法とやらが、障害者の権利基本法なのではないでしょうか。

 

障害者の権利に関する条例はすでに千葉県でありますが、
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_syoufuku/keikaku/sabetu/jorei-home.html
http://blog.goo.ne.jp/jinken110/e/0003640e1f9fec8a58b2a57fb289ba30

札幌市でも条例制定に向けての動きがあります。
http://www.city.sapporo.jp/gikai/vol_dayoripdf/77/77-P5.pdf
http://www.city.sapporo.jp/gikai/vol_ik/19_4t/19_4t_3.pdf

【同志F氏より】

 

 

<参考>

ユニバーサル社会「基本法」趣旨発表

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20080325-OYT8T00213.htm

2008年3月25日  読売新聞)

「ユニバーサル社会の実現を目指すシンポジウム」(主催=読売新聞東京本社、社会福祉法人プロップ・ステーション)が24日、都内で開かれ、与党が制定を目指している「ユニバーサル社会基本法」の趣旨が発表された。

 ユニバーサル社会とは、年齢や性別、障害の有無などにかかわらず、すべての人がいきいき暮らせる社会のこと。福田首相は、冒頭のビデオメッセージで、「少子高齢化が進むなか、女性、高齢者、障害者が持てる力を発揮できるよう、全員参加型社会に変わっていく必要がある」と、基本理念や、国や自治体の責務を定めた基本法制定の意義を強調。

 これに対して、民主党の鳩山幹事長は、「基本法については民主党も同じ考え方。大いに協力したい」と述べ、基本法が超党派で成立する見通しも出てきた。

 

【この情報は、「日本会議国民運動関連情報」平成20年5月17日(土)通巻第278号 日本会議事務総局担当 江崎道朗様のご許可を戴いた上で、掲載致しております。】

 

 今年3月末に公表された『学習指導要領』の改訂結果が、それまでの中教審答申と大きく異なる点が多々見られたため、朝日新聞などが「異例の修正だ」と強く批判しました。

 

 私共も批判していたように、2月に公表された中教審答申は、改正教育基本法の趣旨を踏まえているとはいえず、抜本的な内容の刷新が行われていませんでした。

 

 占領軍の教育改革に端を発する、戦後教育路線を固持せよと叫ぶ朝日新聞や日教組ら。それに迎合して、「教育基本法は変わっても、理念は変わりません」と明言する文部科学省、という構図でした。

 

 しかし、現在の教育荒廃の背景には、子供たちに利己主義と拝金主義、刹那主義ばかり教えて、この素晴らしい日本を築いてくれた先人に対する感謝も、公に尽くす生き方の素晴らしさも教えてこなかったという、教育哲学の根本があると考えて、教育基本法改正に踏み切ったわけです。

 

 この教育哲学、人生観の転換を踏まえた「学習指導要領」改訂とすべきだという世論は大きく盛り上がりました。

 

このところ、各地で自治基本条例制定の動きが活発になってきています。
我孫子市で否決され、新潟市でも一部条文が削除になったにも関わらず、
一向に衰えそうもありません。

現在把握している自治基本条例(まちづくり条例も含む)制定中の自治体は
下記の通りですが、この他に制定中の自治体をご存知でしたら、お知らせ下さい。

意見を募集している自治体には↓のような意見を提出してみましたが、
皆様も是非意見をお願いします。


★参考資料(一部追加しました)
http://pub.idisk-just.com/fview/GTo1qzvqNhlEmxyf7iqUk1MgC_53wH2-FEloq8aFvxcGZMW4rMs6U141qWN11k8QI5xWDefJKQEourEzHyCdIsLj-qmtlipqLqar0nl-mGg


 

**********************************************************************

 

       ◆◆◆ 日本再生ネットワーク  Z ◆◆◆

 

            これで国が守れるかの!

 

**********************************************************************

 

 

◆日本再生ネットワークより転載】 

 

 

※昨日、「WILL」を購入して確認しました。

 

 ちょっと信じられませんが、事実でした。

 

 

 こんな人が軍のトップでは、

 

 防衛など出切るわけがないです。

 

 あっちにもこっちにも転送して、辞任を要求しましょう!

 

 

 渡部昇一さんも書かれていましたが、即刻辞任すべきであると思います!

 

 

◆顔知らぬメル友、5人以上 ケータイ持つ中2の1割

 

【中日新聞】

帯電話を持つ中学2年生の10人に1人は、顔を知らないメール友達が5人以上いることが、日本PTA全国協議会の調査で分かった。「親の知らないメル友がたくさんいる」生徒も3人に1人に上り、携帯メールを通じた子どもたちの複雑な交友関係が浮かび上がった。

 協議会の赤田英博会長は「顔も知らない人とメールをして、自分の情報をどんどん教えるのは危険な行為だと、子どもに教えないといけない」と話している。

 調査は昨年11月、全国から抽出した中2と小5、その保護者の計9600人を対象に実施。小5の19%、中2の43%が携帯電話を持っていた。

 携帯メールをやりとりする相手を複数回答で聞いたところ、中2で最も多かったのは「同じ学校の友人」の85%、次いで「同性の友人」64%、「違う学校の友人」49%。小5は「母親」76%、「父親」51%の順だった。

 ただ、中2の場合「インターネットの掲示板などで知り合った人」も8%おり、12%が「会ったことのないメル友が5人以上いる」と回答。「親の知らないメル友がたくさんいる」も35%いた。

 1日のメールの送受信数は、中2は11-20通が17%で最多だったが、51通以上も16%に上り、3分の1が20通超だった。小5の最多は1-5通の32%で、51通以上も3%いた。一方、保護者が子どもの携帯使用で心配なことは、複数回答で「料金の使いすぎ」が37%でトップ。次いで「学校裏掲示板によるいじめなど」32%、「有害サイトへのアクセス」23%、「子どもの交友関係が分からなくなる」23%と続いた。

 

◆緊急援助隊が被災地へ  四川大地震


 【成都16日 共同】

中国・四川大地震で、被災地に向かった日本政府の国際緊急援助隊第1陣31人が16日未明、四川省成都の空港に到着した。被害が深刻な同省の青川県で救出活動を行う。今回の地震で中国が受け入れる外国の援助隊の第1号となる。

 中国の通信社、中国新聞社によると、日本政府の隊が中国で救助活動に当たるのも初めて。中国側も援助隊に期待感を示しており、日中関係の改善が進む中で、活動ぶりが注目される。新華社電によると、胡錦濤国家主席は16日午前、北京から空路で被災地に向かった。胡主席が現地入りするのは初めて。

 援助隊が向かう青川県は家屋の約8割が倒壊し、1400人余りが死亡したと伝えられる地域。援助隊は総勢約60人で、東京消防庁のハイパーレスキュー隊員ら消防関係17人、警視庁機動隊員ら警察20人、海上保安庁の特殊救難隊員や潜水士らで構成。警察犬3匹のほか、がれきの下で被災者を捜すファイバースコープなどの機材を使い救助活動にあたる。

 

 

◆邦人300人は全員無事=四川省在留、けがもなし-政府が確認

【2008/05/16-10:58 時事】

邦人300人は全員無事=四川省在留、けがもなし-政府が確認

 高村正彦外相は16日午前の閣議後の記者会見で、大地震に見舞われた中国四川省の在留邦人約300人全員の無事を確認したことを明らかにした。在留届のない邦人についても「50人の無事を確認した」と述べた。
 外務省によると、現地の日本企業からの報告や重慶の総領事館が直接本人と連絡を取るなどして無事を確認できた。けが人もいないという。
 一方、高村氏は、既に実施を決めた5億円相当の無償資金協力の上積みや国際緊急援助隊の追加派遣などを検討する考えを示した。

知的レベル下がってる? 洋画の字幕読めない若者が急増中

(産経 2008/5/11)

 

文字数・漢字減らし業界も四苦八苦

 若者の活字離れが進む中、映画会社が洋画の字幕づくりに苦慮している。文字数を減らすだけでなく、漢字の使用を最小限にし、極力ふりがなをふる気の使いよう。「読み」だけでなく、中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも。こうした事情を反映し、アニメだけでなく、実写映画でも吹き替え版が急増。映画業界では「若者の知的レベルがこれほど下がっているとは...」と驚いている。(岡田敏一)

 

「日本政策研究センターオフィシャルWEBサイトより」転載

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=529

 

安倍発言で守られた「日本の名誉」

 来日した胡錦濤国家主席に対し、日本側からいつチベット問題への意思表示がなされるのかと、半ば《諦め気分》でいたところ、ようやく今朝、歴代首相による胡主席との朝食会の場で、安倍前首相が鋭くこの問題を提起した。

日中首脳会談で、チベット問題にも人権にも全く触れない共同声明が出された。

(産経 2008/5/8)

中国政府とダライ・ラマ法王の話し合いについて胡錦濤国家主席から説明をうけた福田康夫首相は、話し合い自体を評価した。が、中国の姿勢は真に評価に値するのか。

広島市で、子どもの権利条例制定を検討しており、
意見を募集していますので、是非反対の声をお願いします。

◆チベット問題

'; } ?>
Kemunpas
(2008年5月 5日 13:59) | | トラックバック(0)

富士山やエベレスト(チョモランマ)の清掃登山でも有名な登山家の野口健さんが、この問題で勇気ある発言をされています。

野口健公式ホームページ

http://www.noguchi-ken.com/

ホームページより、チベット問題に関するページ

http://www.noguchi-ken.com/message/b_num/2008/0322.html

 

4月30日に真・保守政策研究会(会長・中川昭一議員)が主催して、
「中国の人権状況を考えるシンポジウム」が開催されました。


このシンポには麻生さん、安倍さんも出席されたようです。
阿比留瑠比さんのブログに内容が紹介されていました。

 

内閣府男女共同参画局で、
「地域における男女共同参画推進の今後のあり方について」
に関して意見を募集しています。↓


http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/tiki0419.pdf


フェミ側が意見を提出するように呼び掛けていますので、
是非ご意見をお願いします。

◆憲法記念日

'; } ?>
Kemunpas
(2008年5月 1日 17:06) | | トラックバック(0)

 

5月3日 憲法記念日

 

 「アメリカがいま、北朝鮮の核問題や、共産中国の軍事的台頭に苦しまなければいけないのは、ルーズベルト民主党大統領がヤルタ協定によって、東ヨーロッパとアジアの人々の自由を、ソ連に売り渡したからだ」――アメリカの草の根保守のリーダーであるフィリス・シュラフリー女史は三年前、このような見解を表明しています。

ウェブページ



ウェザーニュース


2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。