◆ 建国記念の日を祝う京都北部府民の集い

'; } ?>
Kemunpas
(2011年12月29日 18:30) | | トラックバック(0)

 

◆ 建国記念の日を祝う京都北部府民の集い

 

 

平成24年2月11日(祝・土)午後1時半より、綾部市の中丹文化会館に於きまして「建国記念の日を祝う京都北部府民の集い」を開催致します。

 

建国記念.pdf 

 

 

 以下、「建国記念の日を祝う京都北部府民の集い実行委員会」実行委員長である後藤堯氏が、日本会議・京都北部支部版「日本の息吹 第45号」に掲載された文章の一部を掲載します。

 

 

 

東日本大震災は、正に国難とも言うべき大災害でしたが、しかし一方で戦後全く失われてしまったと思われていた「教育勅語」の精神である「大和魂」、即ち本来の美しい日本の心が蘇ったのも亦事実でありました。

戦後60有余年日教組教育により毒されてしまっていた日本の美しい心は、表面上は失われたように見えていましたが、実は先祖からの遺伝子のなかに脈々と流れ、受け継がれて来ていたのです。

この折角被災地に於いて目覚めた心を、決してその場限りにする事無く、今こそ私達はしっかりと受け止めて、美しい日本の蘇りのため、国中に広めて行く努力をしなければなりません。

その意味では平成24年は、改めて日本再生の元年と心得て行動せねばならないと思いを新たにしているところです。

就きましては、この日本再生元年としての平成24年、先ずはその最初の実践は、来る211日の「建国記念の日」を、多くの皆様方と共にお祝いし、感謝することから始めねばならないと思い、「建国記念の日を祝う 京都北部府民の集い」の開催を決定致しました。

「建国記念の日」は、ご承知の通りもともとは「紀元節」と申しました。

戦後「大和魂」を怖れた連合国軍最高司令官総司令部によって排除されましたが、サンフランシスコ条約によって日本が独立を回復した、昭和27年より復活運動が始まりました。

しかし、既に魂を奪われた不逞の輩も多く、提案・廃案を繰り返して来ましたが、漸く昭和41年「建国を偲び、国を愛する心を養う」という趣旨の「建国記念の日」を定める国民の祝日に関する法律の改正が成立、その後、政令によって211日が定まり、同日施行され、今日に至っています。

この「建国を偲び、国を愛する心を養う」という事は、日本人であれば当然の事であり、それは愛国心の発露と共に日本人としての誇りの発露でもありましょう。

「愛国心」という言葉になじめない人々も一部には居るようですが、私は愛国心は即ち家族を愛し、故郷を愛する事と同じ延長線上にあると思っています。

誰もが、家族対抗の何かがあれば自分の家族を応援するでしょうし、地域対抗であれば自分の住んでいる地域を応援するでしょう。同じようにオリンピックなど国単位であれば当然日本を応援するでしょう。

それは家族であれ、故郷であれ、国であれ愛しているからです。そして誇りに思っているからです。

その愛が、誇りが、家族や故郷、国との絆を深め、一層栄えて行く大きな力になって行くのです。

「大和魂」を奪われた不逞の輩は、日本人であるという事を口にせずに、よく「国際人」とか「地球人」とか言っていますが、確たる日本人としての誇りも無い謂わば無国籍、もっと身近な事で言えば、住所不定で、きちんとした家族も無い、何処の馬の骨とも分からない者が、「俺は社会人だ」と言ってみても一体誰が信用しましょうか。愛する家族があり、大小は別にしてもきちんと住まいがあり、祝詞にありますように「親の名汚さず、氏の名落とさず・・・」を心がけて生きる生きる人こそ社会にあって信頼されるように、国際人としても地球人としても、日本人としての誇りがあってこそ信頼もされ、道も開かれるのです。

どうぞ皆様、211日「建国記念の日」を祝う京都北部府民の集いに是非ご参集下さい。

「愛」も「誇り」も、行動で示してこそ本来の意味を持つのです。

家族を愛し、大切に思うからこそ家族の誕生日を皆で祝うのでしょう。

そしてそれは家族の絆を一層深めて行き、其の家が栄えて行く大きな力となります。

同じように国を愛し、日本人としての誇りのもと国の誕生日である「建国記念の日」に集う事は、その心を行動で示す事であり、それによって国との絆も深まり、国も国民も共に栄えて行く力となるのです。

当日は皆様と共に、声高らかに聖寿万歳を叫び、紀元節の歌を歌いましょう。そして日本の建国を偲び、感謝と共にお祝い致しましょう。

なを、テレビ等で皆様よくご存知の青山繁晴様の講演も予定しています。

一人でも多くの皆様のご参加を期待しております。

 

 

主催:建国記念の日を祝う京都北部府民の集い実行委員会

 

後援:舞鶴商工会議所、福知山商工会議所、綾部商工会議所、

   宮津商工会議所、日本会議・京都北部支部

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆ 建国記念の日を祝う京都北部府民の集い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kemunpas.com/mt/mt-tb.cgi/96

ウェブページ



ウェザーニュース


2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、Kemunpasが2011年12月29日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「◆ 危険で無駄な人権委員会制度」です。

次のブログ記事は「◆ ◇ 八重山教科書:竹富無償求め決議 ◇ ◆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。