◆ ◇ 八重山教科書:竹富無償求め決議 ◇ ◆

'; } ?>
Kemunpas
(2012年1月18日 15:10) | | トラックバック(0)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

八重山教科書:竹富無償求め決議

 

http://www.okinawatimes.co.jp/category/八重山教科書/1/

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

沖縄タイムス 2012115

第52回「母と女性教職員の会」中央集会(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市中央公民館であった。中川正春前文科相による竹富町の教科書有償発言の撤回や、昨年9月8日の全教育委員協議で決定した東京書籍の教科書を認め、無償配布することなどを含めた「子どもたちの未来を守るための教育を求める決議」を採決。週明けにも国や県、県教育委員会に提出する。

 

 同集会では約150人が参加。小中学校の教職員や長田幼稚園の園児らが、八重山地区教科書問題の争点などを劇や歌で演じ、育鵬社の教科書の表紙に描かれた日本地図に沖縄が含まれていないことや、男女平等にあまり触れられていない内容を具体的に分かりやすく解説した。

 高教組資料センター事務局長の安次嶺美代子さんは講話に立ち、「国のために戦争へ行く若者をつくったのも教科書。教え子を戦場に送らないためにも、平和志向の皆さんと手を携え、社会を切り開こう」と訴えた。

 集会ではそのほか、男女別にしない名簿づくりを盛り込んだ「男女平等をめざすための要請決議」や「子どもたちの平和な未来のために、新基地建設に反対し、危険な原発の廃止を求める決議」も採択した。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

沖縄問題は非常に難しいと思います。

沖縄のマスコミの異常性も大きな問題です。

(北海道も難しいですね。日教組も強力ですし。)

 

「国のために戦争へ行く若者をつくったのも教科書」という表現がありますが、国民が国を守るために外敵と戦わずして一体誰が戦うと言うのでしょうか。

 

愛国心を以て国のために尊い命を犠牲にされた先人があったからこそ今の日本の幸せがあることに、どうしてそのことに気付かないのでしょうか。

 

 

「沖縄タイムス」というマスコミの異常性が、はっきりと浮き彫りにされた記事だと思います。

 

 

また、「男女別にしない名簿づくりを盛り込んだ「男女平等をめざすための要請決議」」などと書いていますが、男女別にしない所謂「混合名簿」が男女平等なのでしょうか。

 

男性は男性らしく女性は女性らしく・・・、互いの違いを認めた上で尊重し合いながら「らしく」あるべきではないかと

思います。

男性と女性では、自ずと与えられた役目が違うのです。

また、その違いこそが「平等」なのだと確信しています。

 

 

この他にも「子供の権利条約」等という問題もあります。

子供に権利などありません。親から一方的に教わるのみです。

正しいことをしっかりと教わった上で、初めて人間らしく育って行くのです。

 

 

何が正しいことで何が間違っているのか。

うかうかしていると、つい道を間違ってしまいます。

 

心の目をカッ!!と見開いて、慎重に歩んで参りたいものです。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆ ◇ 八重山教科書:竹富無償求め決議 ◇ ◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kemunpas.com/mt/mt-tb.cgi/97

ウェブページ



ウェザーニュース


2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、Kemunpasが2012年1月18日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「◆ 建国記念の日を祝う京都北部府民の集い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。