裁判の最近のブログ記事

◆◇白山市長の神社式典祝辞、最高裁「合憲」判決◇◆ 

 

★既にご承知のこととは思いますが、掲載されていない新聞もあるよう

ですので(砂川の時はあれほど報道したのに^^;)、記録のために。

 

◆◇白山市長の神社式典祝辞、最高裁「合憲」判決◇◆ 

 

★既にご承知のこととは思いますが、掲載されていない新聞もあるよう

ですので(砂川の時はあれほど報道したのに^^;)、記録のために。

 

 

◆◇最高裁裁判官の国民審査‏◇◆

 

8月30日投票の衆議院選挙において、最高裁裁判官の国民審査があります。

これも私達にとって重要な投票です。

やめさせたいと思う裁判官の氏名の上に「×」を書いて投票します。

http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/2009shinsa.html

勝手ながら、主な判決を拾ってみました。


◆【正論】裁判員制度の実施を断念せよ 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

(産経新聞 2008/05/29)

宣伝に努める推進派

  裁判員制度の実施が一年後に迫つたといふことで、この制度を推進する側は国民に積極的参加を呼びかける宣伝に是努めてゐる。宣伝の聲(こえ)が異様に囂(かしま)しいのは、専門家の所見によれば「法定の条件を欠いた違法の政令制定」を以てしてまで施行期間を早々に布告した性急さと同様、反対論の高まりを恐れての当局の焦りの表れである。

 

最近の判決は、おかしなものが多すぎるように思います。

国民の良識で国家の良識を守るしかないと思います。

 

☆ 市長へのメール:↓

 http://www.city.hakusan.ishikawa.jp/soumubu/hisyo/mayor.jsp

 

 

◆「神社行事で祝辞」違憲  宗教と観光 厳格に一線

 (読売 2008/4/9)

 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20080409-OYT8T00042.htm


白山市長困惑 市民は賛否両論


 神社の大祭関連事業の式典で祝辞を述べた角光雄・白山市長の行為を、

「政教分離の原則に反し違憲」と判断した7日の名古屋高裁金沢支部判決。

政治と宗教の関係を厳密に判断した判決は、歴史と伝統を持つ神社を、

地域起こしや観光資源として共存を目指す行政の思惑に微妙に影響しそう。

市には戸惑いが広がった。

2010年7月: 月別アーカイブ

ウェブページ



ウェザーニュース


2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち裁判カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自衛隊です。

次のカテゴリは靖国神社です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。