国籍法改正問題の最近のブログ記事

衛藤・有村両先生を応援しましょう!

国籍法改正案の採決を棄権した衛藤、有村議員について
参院の山崎正昭幹事長が処分を含めて対応を検討する考えを
示した旨の報道がされています。

衛藤、有村両先生を応援しましょう。

自民党本部 FAX 03‐3592‐2020
山崎正昭 参院幹事長 FAX 03‐3508‐9419
衛藤晟一 FAX 03‐3511‐7728
有村治子 FAX 03‐5512‐2229

有村先生はご自身のHPで、思いを述べられています。

 

国籍法改正案について

 

国籍法改正案の反対集会は、25日には山谷先生が司会を務められ、
翌26日は有村先生も駆けつけられたようです。
詳しくは戸井田議員、馬渡議員のブログをご覧下さい。

http://blog.mawatari.info/
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji

 

こうした動きを受けてでしょうか、参議院では採決が若干延びたようです。
ただ、可決されてしまう方向性は変わっていませんので、
まだまだFAXやメールの必要性はあると思います。

今朝の産経に稲田先生の正論が掲載されていましたので、併せてお届けします。

昨日、日野市の渡辺市議とお会いして、子どもの権利条例について
お話することが出来ましたが、渡辺先生も25日の集会には参加されたそうです。
その折に、折角日野市まで来たのだから、と古賀都議の事務所にも連れていかれましたが、
古賀都議は「むすひ」を取り出して、神社界の広報誌なんだから
「子ども」ではなく「子供」と表記して欲しい、と仰っていました。
東京都では部署名などの表記を「子供」に改めることに決定したそうです。

 

2008年12月: 月別アーカイブ

ウェブページ



ウェザーニュース


2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち国籍法改正問題カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは北朝鮮による拉致事件です。

次のカテゴリは国連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。