学習指導要領の最近のブログ記事

【この情報は、「日本会議国民運動関連情報」平成20年5月17日(土)通巻第278号 日本会議事務総局担当 江崎道朗様のご許可を戴いた上で、掲載致しております。】

 

 今年3月末に公表された『学習指導要領』の改訂結果が、それまでの中教審答申と大きく異なる点が多々見られたため、朝日新聞などが「異例の修正だ」と強く批判しました。

 

 私共も批判していたように、2月に公表された中教審答申は、改正教育基本法の趣旨を踏まえているとはいえず、抜本的な内容の刷新が行われていませんでした。

 

 占領軍の教育改革に端を発する、戦後教育路線を固持せよと叫ぶ朝日新聞や日教組ら。それに迎合して、「教育基本法は変わっても、理念は変わりません」と明言する文部科学省、という構図でした。

 

 しかし、現在の教育荒廃の背景には、子供たちに利己主義と拝金主義、刹那主義ばかり教えて、この素晴らしい日本を築いてくれた先人に対する感謝も、公に尽くす生き方の素晴らしさも教えてこなかったという、教育哲学の根本があると考えて、教育基本法改正に踏み切ったわけです。

 

 この教育哲学、人生観の転換を踏まえた「学習指導要領」改訂とすべきだという世論は大きく盛り上がりました。

 

 

学習指導要領が修正されて告示されたニュース、

各社はそれぞれ、このように伝えています。

う~ん、NHKは何を言いたいのでしょう?

 

この指導要領で、↓こうしたことが無くなれば良いのですが。

◆国歌斉唱 起立1人 卒業生170人 教員が指導か 門真の第三中

http://www.sankei-kansai.com:80/01_syakai/sya032703.htm

 

 

 

2008年5月: 月別アーカイブ

ウェブページ



ウェザーニュース


2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち学習指導要領カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは性教育です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。